比較!保険

保険の内容や疑問点を徹底比較して説明するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

保険の疑問点を一発解消!

保険についての疑問とゆうのはたくさんあると
思いますが、その疑問を少しでもこのサイトで
解消できたらと思います↓↓

★保険資料の一括請求!
★保険は掛け捨て?掛け貯め?
★医療保険の一日の給付額
★保険金はいくら?
★保険の相談・見直し!
★金持ちには保険は不要? 
★免責事項


ランキングへ参加中⇒人気ブログランキング

                 ~比較!保険・トップページへ~

スポンサーサイト

PageTop

保険は掛け捨て?掛け貯め?

保険は掛け捨て?掛け貯め?
どちらがいいかですが・・・

掛け貯めの意味を考えてみると・・・
掛け貯めとゆうのは養老保険とかのことですが、
これは保険会社への貯金、投資本来の目的である
保障分
とをセットしたものです。

なので、貯金や投資先として保険会社を信用できるのならば、
掛け貯めもいいと思います。
ただ、個人的には掛け捨てがいいと思います。

これは保障とゆうのは個人個人の生き方によって
変わるし、時間とともにも変わるからです。
これについては次回にお話します。

ランキングへ参加中⇒人気ブログランキング

                 ~比較!保険・トップページへ~

PageTop

金持ちには保険は不要?

金持ちには保険は不要なのか?

そもそも保険とゆうのは、保険事故が起こった際に
その治療費や精神的負担などを賄うためや、その後の生活レベルを
維持していくために入るものなので、金持ちには保険は不要です!
この金持ちとゆうのはその人がどんな事故や病気などになっても
治療費等を払えて、その後の家族の生活も維持していけるくらいの蓄えがある人のことです。

そんなところで金持ちには保険が不要なんで、かけなくてもいい分、
さらに格差は広がっていきます・・・

ランキングへ参加中⇒人気ブログランキング

                 ~比較!保険・トップページへ~

PageTop

生命保険の保険金

生命保険の保険金を決めるのに幾らの保険金にするか
って事で迷うと思いますが・・・

参考として、年金に加入している人が亡くなった場合、家族が遺族年金をもらえる
ことはご存知でしょうか?
この、遺族年金も厚生年金、国民年金など、年金の種類によって
支給額、要件が違いますので、これを考慮して保険金の金額を
決めることが必要です!

ランキングへ参加中⇒人気ブログランキング

                 ~比較!保険・トップページへ~

PageTop

医療保険の支払額

医療保険の支払額は大体5,000円か10,000円が多いんですが、
どちらがいいのか??

これは5,000円でいいと考えます。
とゆうのは、1月の間に多額に医療費(約8万円以上、所得によって違う)がかかる場合は、健康保険に加入していれば高額医療費の請求をして還付を受けることができるし、蓄えがあれば、少しの入院ならカバーできるからです。

ただ、こわいのは保険のきかない手術が必要な場合や、他の人に比べて自分の健康に自信がない場合は、給付額を増やすか特約を付ける必要があります。


ランキングへ参加中⇒人気ブログランキング

                 ~比較!保険・トップページへ~

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。